歯の詰め物や被せ物の素材は日々進化を続けている

>

どんなものを選ぶと良いのか・費用面も気になる

型取りや技工所での作製の手間がかからない

ダイレクトボンディングは、虫歯を削り、直接ペースト状の白い詰め物を詰めて固める治療法で、保険診療で行うコンポジットレジンと比較すると、より強度に優れ変色も起こりにくいでしょう。
型取りや技工所での作製の手間がかからないので、短期間で治療が済む事も特長の一つでしょう。
悪い点としては、セラミックの詰め物や被せ物と比較するとすり減りやすく、耐久性の面から大きい範囲の修復には向かないでしょう。
費用は、虫歯治療で行う際は1万円から3万円程となっています。
セラミックインレーは、セラミックでできているため、自分の歯の色に近い自然な白さの再現が可能なので、見た目に優れた詰め物です。
経年劣化の心配は殆どないほか、金属を一切使っていないので身体への負担が少ないでしょう。
硬度はあるのですが、素材が白い陶器であるので、強い力や衝撃で割れたり欠けたりすることがあるでしょう。
費用は、4万円から7万円程となっています。

見た目に優れ金属アレルギーの心配がない

オールセラミッククラウンは、セラミックだけを導入して作製するので、セラミックインレーと同じように、見た目にも優れ金属アレルギーの心配がない被せ物です。
こちらについても、硬度があり劣化には強いのですが、衝撃により割れたり欠けたりするという悪い面があるでしょう。
費用については、10万円から15万円程となっています。
ハイブリッドセラミックは、レジンにセラミック粉末を混ぜた素材を導入する治療法です。
オールセラミックと比較すると、低価格なほか、セラミックよりも柔軟性があるので割れにくく周りの歯にも影響を与えにくいという良い面があるでしょう。
悪い面としては、レジンが混じっているため、経年劣化がみられるという点が挙げられるでしょう。
費用については、インレーで2万円から3万円、クラウンで6万円から9万円程となっています。


TOPへ戻る