歯の詰め物や被せ物の素材は日々進化を続けている

>

詰め物や被せ物の下で虫歯が進行してしまう

金属アレルギーを持っている方にも使用可能

コンポジットレジンについては、歯の中に入れる前までは軟らかい状態ですが、虫歯の部分を削った際の歯の上にコンポジットレジンを被せ特殊な光を当てることで、レジンが固まるのです。
レジンは歯に付けることが簡単なため、元の歯をあまり削らなくてすむという良い点もあります。
また、プラスチックなので、金属アレルギーを持っている患者さんにも使用することが可能です。
レジンは歯の色に近い白さなため、注視されない限り、治療したということを気付かれることはほぼないでしょう。
そして、レジンも銀歯と同じで素材自体の値段は安く、医療保険を使用することができます。
レジンの欠点は、強度に弱いことで、強い衝撃が加わると割れてしまうことがあります。
衝撃が少なくても、長年使用しているうちに削れてしまいます。
さらには、2年ほどで変色し始めますが、銀歯よりは目立たないのですが、気になるという方もいるでしょう。

長年使用し続けている

詰め物や被せ物の素材として、寿命が長いというのも特徴の一つで、60年間使用し続けている方もいるという報告もあります。
金については、硬さや軟らかさ・感触・熱膨張率など、どれをとっても天然の歯の性質に近いでしょう。
ただ、金の詰め物や被せ物には決定的な2つの欠点があり、価格が高いということと、見た目が悪いということです。
素材自体が金なので非常に高額なのと、その上、保険も使用することができません。
見た目については、金銭的に余裕があるという方でも選択したがらないでしょう。
それでも金は、銀歯やコンポジットレジン、セラミックが持っている性能面での良い点をすべて持っていて、性能面での悪い点は一切持っていません。
究極の歯の素材といえるでしょう。


TOPへ戻る